本文へスキップ

刈谷市歯科医師会は地域の皆様のお口の健康を守ります

歯科健診は会員の医院で受けよう

成人節目健診、妊産婦健診、8020健診、診療所型事業所健診

最近の活動ACTIVITY

最近の活動

「発達に心配のある小児」を支援する歯科医院について

現在、刈谷市では、就学前の「発達に心配のある小児」に対して、保健センターで生活支援をおこなっています。その際の口腔環境の維持を、歯科医師会で支援できないかと考えました。
そのような小児の歯科衛生指導を、会員有志の歯科医院にお願いして、う蝕の発生、進行を抑え、QOLの向上させるような支援をしたいと思います。
支援は、歯科衛生指導を主としますが、指導が難しいとき、う蝕があるときなど対応が困難な場合は、二次医療機関(愛知学院大学歯学部附属病院障がい者歯科特殊診療科、あいち小児保健医療総合センター歯科口腔外科など)に紹介する仕組みとしました。
※就学前までの年齢では、障がいの有無が確定できないので、「発達に心配のある小児」という呼び方をします。


  






→昨年の活動へ


バナースペース

刈谷市歯科医師会の事業

刈谷市歯科医師会の事業

<会員診療所での事業>
  ・休日救急歯科診療
  ・成人歯科健診
   (30,35,40,45,50,55,60,65,70,75歳)
  ・妊産婦歯科健診
  ・8020歯科健診
  ・診療所型事業所歯科健診

<保健センターでの事業>
  ・乳幼児歯科健診
  ・市民健康講座

<その他の事業>
  ・むし歯予防フェスティバル
    (むし検)
  ・8020歯の表彰事業
  ・健康づくり教室(豊田自動織機)
  ・出張型事業所歯科健診
  ・骨粗鬆症連携推進事業
  ・生活習慣病対策地域連携事業